会社概要

沿革

トーマの歩み

昭和 2年初代社長 当麻周市郎が学童机、椅子等を製造販売する「当麻木工所」を創業。
昭和 28年

成型合板によるラジオ、テレビ等のキャビネットの製造を開始。

昭和 35年株式会社当麻木工所」を法人化設立。
Vカット工法を開発、生産開始。
昭和 39年「当麻硬板株式会社」に商号変更。
昭和 51年代表取締役に当麻毅が就任。
当麻周市郎は会長へ。
昭和 58年Vカット工法によるクローゼットドア・造作材等生産開始。
昭和 63年室内ドア生産開始。
平成 元年室内ドア増産のため都祁工場竣工、操業開始。
平成 2年CIを導入し「株式会社トーマ」に社名変更。
新事務所および新倉庫完成。
本社工場Vカット成型自動化組立ライン増設。
平成 6年(社)日本能率協会総合生産性優秀賞受賞。
平成 7年都祁工場 第2工場竣工。
クローゼットドア全自動生産ライン導入。
平成13年ISO9001認証取得。
平成14年都祁工場 室内ドア自動生産ライン導入。
平成15年都祁工場 新事務所増築。
本社工場 Vカット成型自動化ライン更新。
平成18年ISO14001認証取得。
平成19年代表取締役に当麻和重が就任。
当麻毅は会長へ。
平成21年都祁工場 食堂増築。
平成24年都祁工場 第3工場竣工。
都祁工場 Vカット成型自動化ライン更新。
平成25年都祁工場 太陽光発電開始。
平成27年

都祁工場 第3工場ドアライン増設。
オリジナル商品「V-TISS」発売開始。

平成30年

オリジナル商品「V-TISS LIGHT」発売開始。

20180522_リーフレット