会社概要

環境方針

優しい木の温もりと共に、私たちは居ます。

木の住まいを見るとなぜか心が落ち着くのは、日本人なら誰しも。
それは、文化や習慣を超えて、「木」という存在そのものが、私たちの五感に心地よく触れ、
からだや心のすべてを優しく包み込むチカラを持っているからではないでしょうか。
だからこそ、トーマは創業以来ずっと、そんな木のチカラを見つめ、共に歩み続けてきました。
私たちの仕事は単なるモノづくりではなく、変わりゆく時代が求めるライフスタイルに細やかに応え、
暮らしを豊かに彩り、笑顔を育む環境を提供することです。
優しい木の温もりが人々を幸福にする存在である限り、
私たちトーマも、人々の温かな暮らしにしっかりと寄り添い、歩き続けていきたいと、思います。

環境を大切にする気持ち・・・。地球への恩返しです。

自然の「木」の温もりを生かした、人に優しい木製品づくりにこだわり続ける企業として、私たちは、その恩恵を授かっている自然や地球環境に対する感謝の念も決して忘れてはいません。環境に配慮した製造工程や工場設備、環境マネジメントシステムISO14001認証取得など、環境保全に関する活動も積極的に展開し業界のリーダーシップをとっています。「木」の温もりをいつまでも暮らしに絶やさぬように、地球環境保全にも全力で取り組み続けていきます。

環境方針

株式会社トーマは、木質住宅内装部材の製造・販売の事業活動に係わる全ての活動、製品及びサービスの環境影響を低減するとともに、リサイクルやCO2削減などを通じて、地球環境を保全し、循環型社会の構築に貢献する。

  1. (1)当社の活動、製品及びサービスに係わる環境影響を常に認識し、環境汚染の予防及び環境保護を推進するとともに、環境マネジメント活動の継続的改善を図る。
    なお、環境保護には、持続可能な資源の利用、気候変動の緩和及び気候変動への適応、並びに生物多様性及び生態系の保護なども含む。
  2. (2)当社の活動、製品及びサービスに係わる、環境関連の法的及びその他の要求事項を順守する。
  3. (3)当社の活動、製品及びサービスに係わる、環境影響のうち、以下の項目を環境管理重点テーマとして取り組む。
    1.工程内不良による、木屑廃棄物を削減する。
    2.廃棄物の分別を徹底する。
    3.端材の発生量を削減するとともに、リサイクルを推進する。
    4.地球温暖化防止のために、省資源・省エネルギーを推進し、CO2削減を実施する。
    5.大気汚染、水質汚染、土壌汚染を防止し、騒音の低減を図る。
  4. (4)上記項目を実行するために、環境目標を設定し、定期的に評価・見直しを行い、環境パフォーマンスの継続的改善を図る。
  5. (5)一人ひとりが、環境負荷低減活動を積極的に実践できるように、この環境方針を組織の全員に周知するとともに、広く開示する。
  • 制定日 2005年4月1日
  • 改定日 2017年12月1日
  • 株式会社トーマ
  • 代表取締役社長 当麻和重